読み込み中 . . .
中止

クマドリキュウセン

Halichoeres argus (Bloch and Schneider, 1801)

形態・特徴 雄の体側、背鰭、臀鰭には縦に並んだ斑点の列がある。頭部には不規則な赤い模様がある。雌や幼魚は体側に8から9本ほどの斑点列があり、これらがつながり、縦線を形成することもある。また背鰭に眼状斑がある。体長10cm前後。
分布 沖縄島以南。~東インド・西太平洋。礁湖のような波の穏やかな浅海に多い。
生息環境 サンゴ礁周辺の砂底や、岩礁域に生息する。昼間は遊泳し、夜間や、危険が迫ると砂中に潜る。
食性 動物食性と思われる。
その他 観賞魚になる。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

もぶらさんが日本 鹿児島県 奄美大島 加世間漁港で撮ったクマドリキュウセン

日本 鹿児島県 奄美大島 加世間漁港

2018.06.30

鈴鹿さんがフィリピン サマール島で撮ったクマドリキュウセン

フィリピン サマール島

2015.01.16

鈴鹿さんがフィリピン サマール島で撮ったクマドリキュウセン

フィリピン サマール島

2010.05.01

鈴鹿さんがフィリピン サマール島で撮ったクマドリキュウセン

フィリピン サマール島

2010.10.28

hanadaiさんがフィリピン モアルボアルで撮ったクマドリキュウセン

フィリピン モアルボアル

2012.06.10

hanadaiさんがフィリピン ボホール島で撮ったクマドリキュウセン

フィリピン ボホール島

2010.05.31

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する