読み込み中 . . .
中止

キスジキュウセン

Halichoeres hartzfeldii (Bleeker, 1852)

形態・特徴 キュウセン属の魚ではやや大型種で、20cm近くになる。雌雄ともに体側に黄色の縦帯がある。雄は青みを帯びた色彩で、尾鰭は浅い二重湾入形、体側後方に黒色斑が出る。
分布 駿河湾以南。~西部太平洋。砂礫・岩礁域に生息する。
生息環境 サンゴ礁やその周辺の砂底に生息する普通種。危険が迫ると砂の中に隠れる。
食性 動物食性。
その他 釣りなどで漁獲され、食用となっている。幼魚は観賞魚。インド洋には本種によく似たHalichoeres zeylonicus (Bennett, 1833)や、Halichoeres pelicieriRandall and Smith, 1982 が分布している。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません