ミツボシキュウセン

Halichoeres trimaculatus (Quoy and Gaimard, 1834)

形態・特徴 キュウセン属で、熱帯に生息する種。体側に3つの黒色斑があるとされるが、尾柄のものを除いて明瞭ではないことが多い。成魚の頭部に桃色斑があり、雄の体色は緑色っぽく、雌は白色もしくは赤みがかかる。体長20cmになる。
分布 八丈島、和歌山県以南。~東インド・中部太平洋。砂礫・岩礁域にすむ。
生息環境 サンゴ礁やその周辺の砂底に生息する。ごく浅い場所で普通にみられる種類。夜間は砂に潜る。
食性 甲殻類やゴカイなど底生動物を主に捕食する。
その他 沖縄などでは投げ釣りで釣れる。成魚は食用になる。幼魚は観賞魚。丈夫で飼いやすいが、夜間は砂に潜るため、底砂を敷いてやるとよい。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する

履歴

履歴はありません