読み込み中 . . .
中止

ヒマワリスズメダイ

Chromis xouthos Allen and Erdmann, 2013

形態・特徴 コガネスズメダイと非常によく似ている。体色は黄色で、腹鰭が淡色である。背鰭の先端は赤みを帯びる。体長12cmほどになる。
分布 鹿児島県以南。西部太平洋。
生息環境 やや深い岩礁域にすむ。
食性 雑食性。
その他 従来コガネスズメダイと呼ばれていたものの中に含まれていたものが別種とされ、その後その別種の中にも2タイプの存在が確認されていた。一方をタンポポスズメダイChromis analisとし、元来ヒマワリスズメダイとされてきた本種にはChromis xouthosという新たな学名が与えられた。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

Mano_Yu さんが 学名を Chromis xouthos Allen and Erdmann, 2013 に変更しました 学名の変更により
2021.04.24 14:35
Ryota Hasegawa さんが 説明文の その他 を編集しました 従来コガネスズメダイと呼ばれていたものの中に含まれていたものが別種とされ、その後その別種の中にも2タイプの存在が確認されていた。一方をタンポポスズメダイChromis analisとし、元来ヒマワリスズメダイとされてきた本種にはChromis xouthosという新たな学名が与えられた。
2017.09.17 19:08
Ryota Hasegawa さんが 学名を Chromis analis Cuvier, 2005 に変更しました 従来ヒマワリスズメダイとされていたものの中には2タイプが存在しており、その一方が新種記載されたことによる学名変更。
2017.09.17 19:04