読み込み中 . . .
中止

ヤンセンニシキベラ

Thalassoma jansenii (Bleeker, 1856)

形態・特徴 体側には黒色の斜帯があり、それぞれが体側の中央部でつながっているが、変異が大きく、つながらないものもいる。これらは雌雄ともいわれている。このほか、オーストラリアの沿岸にすむものには斑紋が全く異なるのがいる。体長15cmになる。
分布 駿河湾以南。~インド・中部太平洋。岩礁域にすむ。
生息環境 サンゴ礁や岩礁に生息する。昼間は素早く遊泳する。夜間は岩陰で眠り、普通は砂に潜らない。
食性 甲殻類やゴカイなどを捕食する。
その他 日本では磯釣りの外道としてたまに釣れる程度で、あまり食用となっていない。観賞魚として飼育されることもある。広い水槽で飼うとよいようだ。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません