読み込み中 . . .
中止

アカハゼ

Amblychaeturichthys hexanema (Bleeker, 1853)

形態・特徴 第1背鰭は8棘。体側に数個の暗色斑がある。サビハゼに似ているが、サビハゼのひげは多数あるのに対し、本種は3対のみである。同属のコモチジャコとは、第1背鰭に黒色斑がないことで区別できる。体長15cmになる。
分布 北海道~九州。朝鮮半島、中国。内湾の泥底にすむ。
生息環境 沿岸からやや深い泥底に生息する。主に60-100mの深さで漁獲されている。100m以深では少ない。
食性 甲殻類や小魚を主に捕食する。小魚はハゼの仲間などを多く捕食するといわれ、本種の幼魚もこの中に含まれる。他多毛類やアミ類なども捕食する。
その他 繁殖期は4-5月に盛期を迎える。海底の砂泥表面に直接卵を産むのではないかと推測されている。底曳網によってまとまって漁獲され、食用とされている。アカハゼ属はゴビオネルス亜科に含まれ、本種とコモチジャコの2種からなる。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません