スミツキカミナリベラ

Stethojulis maculata Schmidt, 1930

分布 南日本太平洋側~沖縄、小笠原。岩礁域にすむ。
特徴 雄では体側に数本の黒色横帯があり、他の種類と容易に区別できる。雌の色彩はカミナリベラによく似ているが、頭部に黄色の縦帯があることで区別できる。雄は体長14cmになる。
生息環境 主に岩礁域に生息する。やや稀な種とされている。
食味レビュー 食味レビューを投稿する

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。