読み込み中 . . .
中止

イゴダカホデリ

Lepidotrigla alata (Houttuyn, 1782)

形態・特徴 頬に顕著な溝はない。吻の棘は1本で強大。胸鰭の内面は縁辺が赤黒色、内部は緑黄色。
分布 千葉県~九州までの太平洋岸および若狭湾以南の日本海岸、瀬戸内海、東シナ海。~朝鮮半島、台湾、中国。
生息環境 水深60~110mに多く生息。砂底、泥底、貝殻混じりの砂底に多く見られる。
食性 肉食性。小魚や甲殻類を捕食する。
その他 底曳網で漁獲される。小型でホウボウに比べると市場価値は劣るが食用となる。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 静岡県 田子の浦港沖

2017.11.19

日本 神奈川県 相模湾江の島沖

2012.12.21

日本 神奈川県 剣崎沖

2008.12.18

日本 神奈川県 相模湾江の島沖

2012.12.21

日本 神奈川県 剣崎沖

2008.12.18

日本 神奈川県 剣崎沖

2008.12.18

日本 神奈川県 相模湾

2020.01.15

日本 神奈川県 相模湾

2020.01.15

日本 神奈川県 相模湾

2020.01.15

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する