タレクチベラ

Hemigymnus melapterus (Bloch, 1791)

形態・特徴 両唇が分厚い。体は2色に分かれ、前半は明色で、後半は暗色になる。小型個体ではこの2色の間の白色域がよく目立っている。幼魚は緑色の体で、白色横線がある。大型種で、体長80cmに達するが普通はもっと小さい。
分布 駿河湾以南。~インド・中部太平洋。浅い珊瑚礁や岩礁域にすむ。
生息環境 サンゴ礁や岩礁域に生息する。幼魚は駿河湾などでも見られる。
食性 動物食性である。
その他 沖縄では釣り、刺網などの漁法で漁獲され食用となり、市場にも出る。幼魚は観賞魚。
食味レビュー 食味レビューを投稿する

履歴

履歴はありません