読み込み中 . . .
中止

ナンヨウチヌ

Acanthopagrus pacificus Iwatsuki, Kume and Yoshino, 2010

形態・特徴 体色は黒っぽい燻し銀。側線より上の背鰭棘条部中央下の横列鱗数は3.5枚で、体高が体長の2.2倍とキチヌよりもさらに高いのが特徴である。
分布 八重山諸島。~高雄、香港、海南、ベトナム、シンガポール、フィリピン、パプアニューギニア、オーストラリア、インドネシア。マラッカ海峡でAcanthopagrus berdaと分布が重なるとされている。
生息環境 本邦では西表島の浅海域、河口域のほか、マングローブ林でも生息していることが知られている。
食性 他のクロダイ属魚類同様に、幅広い食性を示す雑食性である。
その他 この種の学名はAcanthopagrus berdaとされたが、近年になって分類学的研究がなされた結果、複数の相違点が見いだされナンヨウチヌは新種として記載された。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

日本 沖縄県 西表島 仲間川

2019.06.12

日本 沖縄県 西表島 仲間川

2019.06.12

日本 沖縄県 西表島

2018.12.22

日本 沖縄県 西表島

2018.04.19

日本 沖縄県 石垣島

2017.12.12

日本 沖縄県 西表島

2017.05.20

日本 沖縄県 西表島

2016.11.20

日本 沖縄県 西表島

2015.01.04

日本 沖縄県 那覇市の鮮魚店

2014.10.28

タイ シーチャン島周辺

2007.09.15

日本 沖縄県 久米島 謝名堂川

2006.07.25

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する