読み込み中 . . .
中止

タコベラ

Oxycheilinus bimaculatus (Valenciennes, 1840)

形態・特徴 成魚では尾鰭の上葉と、中央部の後端が伸びている。体色は赤みを帯びたものから、緑色っぽいものなどの変異があるが、普通は胸鰭先端付近の体側に黒色斑がある。眼の周りに細線があることが多い。体長12cmほどの小型種。
分布 相模湾以南。インド・太平洋域。藻場にすむ。
生息環境 岩礁域やサンゴ礁、藻場まで様々なところに出現する。
食性 動物食性で小魚や甲殻類を捕食する。
その他 小型種で派手な体色、観賞魚として飼育されることもある。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません