読み込み中 . . .
中止

ハナビラウオ

Psenes pellucidus Lütken, 1880

形態・特徴 成魚の体はやや長くて側偏する。幼魚は体高が高い。頭部背面の鱗域は両眼の間隔域に達しない。側線鱗数は110以上と極めて多い。体色は一様に暗色。体長45cm。
分布 釧路以南の各地。~北西太平洋、インド洋、大西洋。
生息環境 幼魚は表層のクラゲ類につく。成魚は700m以浅の海底から漁獲される。
食性 肉食性と思われる。
その他 食用魚。肉は白くて脂が多い。刺身、フライ、焼き物などにすると美味。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません