読み込み中 . . .
中止

オオクチユゴイ

Kuhlia rupestris (Lacepède, 1802)

形態・特徴 体色は銀色で、黒褐色の斑点が散在する。尾鰭の両端は丸く、成魚では黒色に先端が橙色、幼魚では尾鰭の上葉と下葉に1個ずつ黒色斑があることなどが特徴。
分布 琉球列島。インド・西太平洋域。
生息環境 汽水域から河川中流域。産卵のために浅海域にも出現する。渓流域に多い。
食性 昆虫類、甲殻類、小型魚類などの水生動物食性。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません