クサフグ

Takifugu alboplumbeus (Richardson, 1845)

形態・特徴 体の背側と腹側に小棘がある。体色は背部が灰色から濃緑色で、白色の斑点が見られる。腹部は一様に白色。鰓孔後方に大きな暗色斑がある。全長20cmほどの小型種。
分布 北海道~九州までの日本各地沿岸、八丈島、沖縄諸島。~朝鮮半島、台湾、中国。
生息環境 日本の沿岸ではコモンフグ、ヒガンフグなどと並んでよく見られるフグのひとつ。内湾に多く見られ、砂、泥底に多く、よく砂中にもぐる。汽水域にもよく入り、ごく稀に淡水域にまで入る。
食性 甲殻類、軟体動物、多毛類など様々な動物を捕食する。他のフグ科の魚の卵も食べることがあるほどだという。
地方名 フグ(青森県、山形県飛島、静岡県伊豆)、クサブグ・マメフグ・シナフグ・シナブグ・イソフグ(山形県)、フグッコ(福島県いわき市)、サフグ(茨城県大洗町)、クロフグ(茨城県ひたちなか市)、フク(石川県金沢市)、メジョフグ(石川県輪島市)、テブフグ(石川県能登町)、ショウサイ・ドタラ・ニッチョウフグ・バラフグ(静岡県伊豆)、ポッキン(和歌山県由良町)、スナフグ・ハマフグ(山口県)、チイチイフグ(福岡県福岡市)、クサブク(長崎県雲仙市)、プクリン・プッキン(熊本県天草市)、チャンブク(鹿児島県屋久島)
参考:https://gyomei.zukan.com/?p=1577394060
その他 本種の産卵行動は有名で、初夏から夏の大潮の番に波打ち際で集団産卵および放精する。本種は内臓だけでなく筋肉や精巣にも毒がある。筋肉の毒は弱いとされ、食用となるが、調理はプロに任せること。沖縄の個体群は、絶滅のおそれのある地域個体群とされる。
食味レビュー 食味レビューを投稿する

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

海人さんが日本 高知県 香美郡夜須町>手結港で撮ったクサフグ

日本 高知県 香美郡夜須町>手結港

2008.09.25

みちあきさんが日本 神奈川県 横浜市磯子区根岸湾で撮ったクサフグ

日本 神奈川県 横浜市磯子区根岸湾

2005.06.02

あまごパパさんが日本 三重県 揖斐川河口で撮ったクサフグ

日本 三重県 揖斐川河口

2011.05.18

さやどりさんが日本 静岡県 焼津市小川港木屋川河口右岸側岸壁で撮ったクサフグ

日本 静岡県 焼津市小川港木屋川河口右岸側岸壁

2014.09.16

だいき丸さんが日本 沖縄県 うるま市 海中道路で撮ったクサフグ

日本 沖縄県 うるま市 海中道路

2015.06.20

KOUJIさんが日本 鳥取県 船磯漁港で撮ったクサフグ

日本 鳥取県 船磯漁港

2002.07.28

92鵜さんが日本 富山県 宮崎海岸で撮ったクサフグ

日本 富山県 宮崎海岸

2016.03.05

hitomiさんが日本 和歌山県 白浜で撮ったクサフグ

日本 和歌山県 白浜

2012.07.25

IHさんが日本 宮崎県 宮崎市 大淀川河口で撮ったクサフグ

日本 宮崎県 宮崎市 大淀川河口

2015.04.19

-ymさんが日本 愛知県 南知多町中洲漁港で撮ったクサフグ

日本 愛知県 南知多町中洲漁港

2012.06.10

のぞすけさんが日本 神奈川県 三浦海岸で撮ったクサフグ

日本 神奈川県 三浦海岸

2013.11.11

もぶらさんが日本 鹿児島県 鹿児島市 桜島 白浜港で撮ったクサフグ

日本 鹿児島県 鹿児島市 桜島 白浜港

2018.03.02

realさんが日本 兵庫県 伊毘漁港で撮ったクサフグ

日本 兵庫県 伊毘漁港

2016.05.20

ももこさんが日本 静岡県 湖西市浜名湖で撮ったクサフグ

日本 静岡県 湖西市浜名湖

2012.06.24

ぷいぷいユッケさんが日本 山形県 酒田港・水路で撮ったクサフグ

日本 山形県 酒田港・水路

2020.04.08

kogさんが日本 千葉県 木更津沖堤防で撮ったクサフグ

日本 千葉県 木更津沖堤防

2004.07.11

hitomiさんが日本 和歌山県 白浜町 箱嶋で撮ったクサフグ

日本 和歌山県 白浜町 箱嶋

2014.11.16