読み込み中 . . .
中止

クロリボンスズメダイ

Neopomacentrus cyanomos (Bleeker, 1856)

特徴 胸鰭基底上方に小さな黒色斑、鰓蓋上方にそれよりも大きな黒色斑がある。リボンスズメダイに似るが、リボンスズメダイは胸鰭基底上方の黒色斑のほうが大きい。この特徴と、尾鰭中央部が淡白色を呈することで区別することができる。
分布 石垣島以南。インド・西太平洋域。水深5~18mの大きな珊瑚塊の周辺に群がることが多い。
生息環境 サンゴ礁域に生息する。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません