読み込み中 . . .
中止

ダンダラスズメダイ

Dischistodus prosopotaenia (Bleeker, 1852)

形態・特徴 背鰭は13棘。頭部から体側の背部にかけて大きな茶褐色域がある。また、背鰭軟条部下部にも茶褐色域がある。胸鰭腋部に小黒色斑をもつ。腹部に黒色斑はない。幼魚は淡色地に太い茶褐色横帯があり、背鰭に眼状斑がある。大型種で体長15cmに達する。
分布 琉球列島。西部太平洋。水深1~12mの珊瑚礁にすむ。
生息環境 内湾や礁湖などにすみ、幼魚はごく浅い所にいる。成魚は水深12m以浅に見られる。
食性 藻類を捕食するが、飼育下では動物性の餌も食べる。
その他 観賞魚。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません