読み込み中 . . .
中止

ヒレナガスズメダイ

Neoglyphidodon nigroris (Cuvier, 1830)

特徴 全長10cmほど。各鰭の軟条部の先端は尖る。幼魚の時は体色が黄色く、体側に2本の暗色縦帯がある。成長に伴いこの暗色縦帯は薄くなり、成魚は眼の下と頬部に黒色の斜帯が2本ある。体色は全体的に黒色だが若干変異があることも知られる。
分布 琉球列島。インド・西太平洋域。
生息環境 サンゴ礁域やその周辺に生息する。琉球列島ではふつうにみられる種。
食性 雑食性。藻類や動物プランクトン、甲殻類などの餌を捕食する。
その他 幼魚は美しい色彩なので観賞魚として飼育されることもあるが成魚は気が強いので要注意。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません