クラカオスズメダイ

Amblyglyphidodon curacao (Bloch, 1787)

特徴 全長10cmほど。体高は高く、体色は全体的に淡い水色を呈する。体側に4~5本の明瞭な暗色横帯がある。鱗の縁辺が淡色のため、網目模様のように見える。胸鰭の基部には黒色斑が無い。
分布 屋久島、琉球列島。~西太平洋
生息環境 水深40m以浅のサンゴ礁域に生息する。沖縄では浅いサンゴ礁域でごく普通に見られる種である。
食性 雑食性で動物プランクトンや甲殻類を捕食し、藻類も食う。
その他 観賞魚。綺麗、丈夫、飼育は容易。スズメダイの仲間としては大きくなり、美味である。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する

履歴

履歴はありません