読み込み中 . . .
中止

イシガキスズメダイ

Plectroglyphidodon dickii (Liénard, 1839)

形態・特徴 背鰭12棘。体色は前半が茶褐色で、体側後方に大きな黒色横帯があり、それより後方は白色。背鰭3-4棘の間に小さな黒色斑がある。ルリメイシガキスズメダイとよく似ているが、ルリメイシガキスズメダイの体側後方にある黒色横帯の太さは鱗約8枚分の太さがあるのに対し、本種では4枚ほどである。体長9cmに達する。
分布 田辺湾以南。~インド・西部太平洋。
生息環境 珊瑚礁域のごく浅い場所にすむ。ミドリイシやハナヤサイサンゴなどの集団の近くに見られ、縄張りを作る。
食性 縄張りの中で藻類を主に捕食するが、甲殻類や魚卵、動物プランクトンなども食べる。
その他 普通食用にはしない。幼魚は観賞魚として飼育されることもあるが、気が強い。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 沖縄県 阿嘉島

2008.10.20

日本 愛媛県 愛南町

2015.10.26

日本 愛媛県 愛南町

2014.07.12

トケラウ諸島 ヌクノノ島

2006.11.21

日本 鹿児島県 奄美大島

2009.08.23

日本 沖縄県 宮古島

2005.07.07

日本 沖縄県 阿嘉島ニシバマビーチ

2006.09.24

日本 東京都 小笠原村父島

2020.09.21

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する