アンボンスズメダイ

Chromis amboinensis (Bleeker, 1873)

形態・特徴 体色は茶褐色、尾鰭上下に黒色線がある。胸鰭の基部には黄色斑がある。体長8cm
分布 西表島。西部太平洋、東部インド洋。珊瑚礁にすむ。
生息環境 水深70m以浅の岩礁やサンゴ礁域にすみ、特に24m以深では多く見られるという。
食性 雑食性で動物プランクトンや藻類を捕食する。
その他 食用にすることは普通はない。
食味レビュー 食味レビューを投稿する

履歴

履歴はありません