読み込み中 . . .
中止

デバスズメダイ

Chromis viridis (Cuvier, 1830)

形態・特徴 体色は鮮やかな青緑色。体側や各鰭に目立つ斑紋はない。アオバスズメダイとよく似ているが、本種では胸鰭腋部に黒色斑をもたず、胸鰭軟条数がふつう18であること(アオバスズメダイでは黒色斑をもち、胸鰭軟条数19-20)で区別可能。体長7cm。
分布 奄美大島以南。西部大平洋。礁湖内の樹状サンゴの周辺にすむ。
生息環境 沿岸の珊瑚礁域に普通に見られる。幼魚は大きな枝状サンゴの周辺に見られ、危険がせまるとその中に隠れる。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません