読み込み中 . . .
中止

セジロクマノミ

Amphiprion sandaracinos Allen, 1972

特徴 全長15cm。鰓蓋骨の後縁に長い棘が多数ある(クマノミ亜科)。クマノミ亜科の中で本種のみ体の背縁に白色縦帯がある。
分布 沖縄島以南。~西部太平洋。サンゴ礁や岩礁域でハタゴイソギンチャクや、シライトイソギンチャクと共生する。
生息環境 岩礁域のシライトイソギンチャクなどと共生する。ハナビラクマノミやハマクマノミと同所的に生息することも多い。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 沖縄県 西表島

2011.10.30

日本 沖縄県 石垣島 玉取崎展望台下

2015.07.12

日本 沖縄県 渡嘉敷島

2017.10.02

日本 沖縄県 八重干瀬

2016.02.13

日本 沖縄県 西表島

2011.10.30

日本 沖縄県 慶良間 北浜(ニシバマ)Part.2

2018.05.19

日本 沖縄県 北谷町砂辺

2019.10.21

日本 沖縄県 西表島

2011.10.30

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する