アカタチ

Acanthocepola krusensternii (Temminck and Schlegel, 1845)

履歴

土岐耕司 さんが 説明文の 地方名 を編集しました ミコノヒモ(山口県)、ミヤジマサマノヘコノオビ(山口県周防牛島)
2024.03.03 14:45
土岐耕司 さんが 説明文の 地方名 を編集しました ミコノヒモ(山口県)
2024.03.03 14:30
土岐耕司 さんが 説明文の その他 を編集しました 食用にされることは少ないが、練り製品の原料として利用されることがある。また、釣り人には塩焼き、干物、唐揚げなどでも賞味される。
2024.03.03 14:30
西野敬 さんが 説明文の 形態・特徴 を編集しました 体は細長く、背鰭・臀鰭と尾鰭は連続する。体側には橙黄色の円斑が一列に並んで見られることや、背鰭に黒色斑がないことなどが近縁種と見分ける特徴となる。
日本産アカタチ属中、背鰭軟条数(78〜82)と臀鰭軟条数(76〜82)が最も少なく、胸鰭軟条数は最多(19)。
2021.07.30 15:05