インドアカタチ

Acanthocepola indica (Day, 1888)

分布 相模湾、土佐湾、東シナ海。~台湾、中国、海南島、インド。
特徴 体側に橙色の横帯があり、背鰭には不明瞭な暗色斑があるため、それぞれの特徴をもつアカタチや、イッテンアカタチ(顕著な黒色斑がある)によく似ているが、体高がやや高いのが特徴。全長30cmを超える。
生息環境 やや深い砂泥底の穴の中に潜む。
その他 底曳網漁業などで漁獲される。市場にはあまり出回らないが、かなり美味なものである。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
NOAHさんが日本 沖縄県 美ら海水族館(深海の小さな生き物)で撮ったインドアカタチ

日本 沖縄県 美ら海水族館(深海の小さな生き物)

2021.11.21

NOAHさんが日本 沖縄県 美ら海水族館で撮ったインドアカタチ

日本 沖縄県 美ら海水族館

2021.05.21