読み込み中 . . .
中止

ソコアマダイ

Owstonia totomiensis Tanaka, 1908

形態・特徴 体高は前方で高く、後方に向かって細くなる。背鰭・臀鰭と尾鰭は連続せず、独立する。頬には鱗がなく、左右の側線は背鰭の前方で連結する。背鰭の縁辺が赤いことも特徴である。
分布 相模湾、駿河湾、土佐湾。
生息環境 水深200~300m前後の砂泥底域に生息する。アカタチ属魚類と同様に、底に穴を掘り、そこを拠点に生活を送ることが知られている。
食性 甲殻類、小型魚類、多毛類などを捕食する動物食性と考えられる。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 静岡県 三保沖

2002.06.29

日本 静岡県 駿河湾

2020.01.05

日本 静岡県 駿河湾

2014.04.06

日本 神奈川県 三崎沖

2008.11.02

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する