読み込み中 . . .
中止

ミギマキ

Goniistius zebra (Döderlein, 1883)

形態・特徴 タカノハダイによく似ているが、体色は黄色ぽく、尾鰭も上葉が黄色い。下葉は黒い。唇は赤い。頭部には眼を通る斜帯があり、これは胸鰭基部に達する。体長30cm近くになる。
分布 南日本、伊豆諸島、小笠原。~台湾。浅海の岩礁にすむ。
生息環境 岩礁域に生息する普通種。タカノハダイよりもやや南方系で、やや深みに多い。
食性 甲殻類などを捕食する。
その他 定置網や刺網などの漁法で漁獲されるが、食味はタカノハダイと比べて劣るともいわれている。タカノハダイとは近縁な種のようで、交雑個体も報告されている。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません