読み込み中 . . .
中止

ミナミゴンベ

Cirrhitichthys aprinus (Cuvier, 1829)

分布 南日本太平洋岸。~インド・西太平洋域。
特徴 体に多数の赤色斑があり、ヒメゴンベによく似ているが、ヒメゴンベでは尾鰭に多数の赤色斑があるのに対し本種ではそれがないことにより区別される。体長12cmほど
生息環境 岩礁域やサンゴ礁域に生息する。ごく浅所から、水深40mくらいまでみられる。
食性 本種は動物食性で、小魚や甲殻類などを捕食する。
その他 釣りではたまに釣れる程度で食用にはなっていないが、丈夫で飼育しやすいため観賞魚とされる。ただし本種はかなり性格がきつく、小魚やおとなしい魚とは一緒に飼うのに向いていない。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません