読み込み中 . . .
中止

テングダイ

Evistias acutirostris (Temminck and Schlegel, 1844)

形態・特徴 体側に黄色と暗色の横帯が多数ある。カワビシャによく似ているが、背鰭や臀鰭棘は短く、臀鰭の第2棘は強大ではない。幼魚は灰褐色の地色で、体側に暗色斑が散在している。体長50cmになる大型種。
分布 南日本、小笠原諸島。赤道を挟む中部・西部太平洋域。水深40~250mの沿岸域に生息する。
生息環境 やや深い岩礁域に見られる。水深30-250mの岩礁に、単独か小さな群れで見られる。
食性 肉食性とされる。
その他 刺網、定置網、底曳網などで漁獲され、食用になっていることもある。テングダイ属は、本種1種からなり、ハワイ、ロードホウ島、ニュージーランド北部と広範囲に分布している。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 愛媛県 愛南町

2001.05.24

日本 静岡県 駿河湾

2015.05.29

日本 新潟県 柏崎市

2020.02.04

日本 東京都 小笠原村

2015.08.02

日本 東京都 八丈島

2015.05.06

日本 静岡県 雲見

2015.09.22

日本 東京都 小笠原村

2015.07.16

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する