読み込み中 . . .
中止

ソメワケヤッコ

Centropyge bicolor (Bloch, 1787)

特徴 体色は前方が鮮やかな黄色、後方が濃青色という2色に分かれる。眼の上には濃青色線がある。腹鰭および尾鰭は黄色。背鰭および臀鰭の後方はわずかに尖る。体長12cmほど。
分布 南日本の太平洋岸、琉球列島。インド・太平洋域。岩礁域・サンゴ礁域に生息する。
生息環境 サンゴ礁や岩礁に生息する普通種。ペアもしくはハレムで見られることが多い。
食性 雑食性。
その他 観賞魚として知られる。本種の成魚は配合飼料に餌付きにくいといわれている。小型の個体の方が餌付きやすく、飼育もしやすい。サンゴのポリプをつつくことがある。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 宮崎県 日南海岸

2001.06.09

日本 沖縄県 石垣島

2015.03.18

インドネシア バリ島

2007.03.06

日本 沖縄県 八重干瀬

2016.02.13

日本 沖縄県 八重干瀬

2016.02.15

マレーシア シパダン PULAU SIPADAN RESORT

2018.05.19

日本 沖縄県 八重干瀬

2016.02.15

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する