コガネヤッコ

Centropyge flavissima (Cuvier, 1831)

特徴 体色は鮮やかな黄色で、眼の周縁は青く縁取られる。鰓蓋後端も青色。幼魚は体側にも青く縁取られた目玉模様がある。体長7cmほど。
分布 小笠原諸島。西・中部太平洋 (ハワイ諸島を除く) 、ココスキーリング諸島。
生息環境 サンゴ礁に生息する。
食性 雑食性。付着生物を主に捕食する。
その他 観賞魚としてよく知られる。比較的丈夫ではあるが、サンゴのポリプなどをつつき、最初のうちは餌付きにくい。ナメラヤッコなどとの交雑個体も報告されている。
食味レビュー 食味レビューを投稿する

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。