ルリヤッコ

Centropyge bispinosa (Günther, 1860)

特徴 体は楕円形に近い。体側には紫色の横帯がある。体色は地域や個体によってかなり差があり、橙色のものや紫が強いものなどがある。腹鰭が黄色っぽく、背鰭、臀鰭、尾鰭は青っぽく、青白く縁取られる。体長8cmほど。
分布 八丈島、和歌山県以南、小笠原諸島。インド・太平洋 (紅海およびハワイ諸島をのぞく)。
生息環境 サンゴ礁域に生息し、ハレムを形成する。
食性 付着生物や藻類を食べる雑食性。飼育下では人工餌も良く食べる。
その他 小型種で食用にはされないが、観賞魚として人気が高い。キンチャクダイ科としては餌付きやすく、飼いやすい。
食味レビュー 食味レビューを投稿する

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。