読み込み中 . . .
中止

シマヤッコ

Paracentropyge multifasciata (Smith & Radcliffe, 1911)

分布 八重山諸島。西・中部太平洋、ココスキーリング。
特徴 体はやや高く、体側には9本前後の横帯が入り、産地によっては、この横帯の間に黄色の細い横帯が入ることがある。腹鰭先端は少し伸びる。体長8cmほど。
生息環境 サンゴ礁域に生息する。
その他 シマヤッコ属の魚は体高が高いが、属名からもうかがえるようにアブラヤッコ属に近縁とされており、アブラヤッコ属の中に入れられたり、独立した属とされたりする。本種は観賞魚として知られる。日本には少ないため、多くは輸入されているがやや餌付きにくく神経質とされる。しかし大きめの魚と混泳させている人もいる。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません