サザナミヤッコ

Pomacanthus semicirculatus (Cuvier, 1831)

特徴 成魚の背鰭および臀鰭の後端は長く伸びる。成魚の体側に暗色斑が多数ある。鰓蓋棘は青い。幼魚の体色・斑紋は成魚とは大きく異り、紺色の地色に白色横帯がある。これはサザナミヤッコ属の多くの種で共通した特徴であるが、本種では尾鰭にも横帯があることで、日本産の他のサザナミヤッコ属と区別できる。成魚では40cmにもなる。
分布 千葉県以南。~インド・西太平洋。珊瑚礁や岩礁域にすむ。
生息環境 サンゴ礁域や岩礁域に主に生息する。幼魚は黒潮にのり、本州~九州太平洋岸の潮だまりにも姿を見せる。
食性 海綿などの付着生物などを食べるが、飼育下では配合飼料なども食べる。
その他 幼魚は愛らしく観賞魚に向いている。丈夫で飼育しやすいが、成魚の飼育には大型の水槽が必要。琉球列島では食用として流通されているが、稀に毒を持つことがあるという。
食味レビュー 食味レビューを投稿する

履歴

履歴はありません