読み込み中 . . .
中止

アデヤッコ

Pomacanthus xanthometopon (Bleeker, 1853)

特徴 成魚の背鰭後端は伸びない。頭部は青色で、眼の周縁は黄色。背鰭軟条部に大きな暗色斑がある。胸鰭と尾鰭は鮮やかな黄色。幼魚は青地に白色横帯があり、ロクセンヤッコに似るが、背鰭および臀鰭軟条部外縁は丸みを帯びる。全長40cmになる大型種
分布 和歌山県串本、八重山諸島。~東インド・西部太平洋。サンゴ礁域に生息する。
生息環境 サンゴ礁に生息するが日本では稀種とされる。
食性 海綿などの付着生物などを食べるが、飼育下では配合飼料なども食べる。
その他 観賞魚。和名よりも英名のブルーフェイスエンゼルという名称で販売されることが多い。丈夫ではあるが性格は強く、同属・同種間の混泳には注意したい。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません