アミチョウチョウウオ

Chaetodon rafflesi Anon. [Bennett], 1830

形態・特徴 頭部には眼を通る一本の黒色帯がある。体色は黄色で、体側には網目模様がある。背鰭軟条部には、外縁に沿うように走る太い黒色線がある。尾鰭には太い横帯がある。レモンチョウチョウウオは本種によく似ているが、背鰭軟条が伸長し、体側に斑点列があることで本種と区別される。体長11cm。
分布 相模湾以南。~東部インド洋・中部太平洋の南側。サンゴ礁域に生息する。
生息環境 水深15m以浅のサンゴ礁域に生息する。日本では他のチョウチョウウオ類よりも少ない。
食性 肉食性が強く、サンゴのポリプを捕食するほか甲殻類なども捕食する。
その他 観賞魚。比較的丈夫で飼いやすいチョウチョウウオであるが、サンゴのポリプを捕食するのでサンゴ水槽では飼えない。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する

履歴

履歴はありません