カガミチョウチョウウオ

Chaetodon argentatus Smith & Radcliffe, 1911

形態・特徴 頭部の暗色帯は眼に達するが、成魚では眼より下方にはない。体側には網目模様があり、頭部後方、体側中央、背鰭軟条から臀鰭軟条後縁に達する3本の黒色帯がある。尾鰭にも暗色帯があり、その後方は透明。体長12cm。
分布 小笠原、三宅島以南。台湾、南シナ海、フィリピン。珊瑚礁域にすむ。
生息環境 岩礁域、サンゴ礁域に生息する。
食性 雑食性。サンゴのポリプ、甲殻類、軟体動物、ゴカイ類、付着藻類などをついばむようにして捕食する。
その他 観賞魚として飼育される。
食味レビュー 食味レビューを投稿する

履歴

履歴はありません