読み込み中 . . .
中止

ハクテンカタギ

Chaetodon reticulatus Cuvier, 1831

形態・特徴 体色は暗色で、体側の各鱗に淡色斑がある。眼を通る黒色帯は黄色に縁取られ、その後方から背鰭にかけて淡色域がある。臀鰭は白っぽく縁取られ、黄色帯がある。また尾鰭にも黄色帯がある。体長15cm。
分布 高知県、小笠原諸島、沖縄県。~中部大平洋(南シナ海、インドネシア西部を除く)。珊瑚礁域にすむ。
生息環境 サンゴ礁域に番で見られるが、個体数は多くない。
食性 サンゴのポリプを主食とする。
その他 チョウチョウウオ類としては美しい色彩で観賞魚としても知られるがポリプ食性のため飼育は難しい。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません