読み込み中 . . .
中止

シテンチョウチョウウオ

Chaetodon quadrimaculatus Gray, 1831

形態・特徴 頭部に眼を通る褐色帯がある。体側上半は暗色で、白色斑が2つある。尾柄部に黒色斑があるが、体側上半の暗色部とつながり目立たない。成魚の腹部には黒色斑がある。体長15cm。
分布 小笠原諸島、紀伊半島以南。~ハワイ諸島にいたる太平洋熱帯・亜熱帯海域。
生息環境 潮通しの良い岩礁やサンゴ礁に生息する。水深15m以浅に生息する。日本では沖縄よりも小笠原に多くみられる。
食性 サンゴのポリプのほか、底生動物を捕食する。
その他 観賞魚。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません