読み込み中 . . .
中止

トノサマダイ

Chaetodon speculum Cuvier, 1831

形態・特徴 体色は一様に黄色で、体側上方に大きな楕円形の黒色斑をもつ。頭部には眼を通る黒色帯がある。腹部に白色縦線がないことでウミヅキチョウチョウウオと区別可能。体長15cm。
分布 相模湾以南太平洋岸、琉球列島、南大東島、小笠原諸島。~インド-西太平洋。
生息環境 サンゴ礁、岩礁域に生息する普通種。
食性 サンゴのポリプを主に食べる。
その他 本種はサンゴのポリプを中心としているため、雑食性のチョウチョウウオに比べて飼育はやや難しい。ただ小さな個体から飼うと、配合飼料もよく食べるという。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません