読み込み中 . . .
中止

スミツキトノサマダイ

Chaetodon plebeius Cuvier, 1831

形態・特徴 頭部には眼を通る黒色帯がある。体は楕円形で、体側には青色楕円斑と数本の縦線がある。尾柄部には白く縁取られた黒色斑がある。体長15cm。
分布 駿河湾以南。~ミクロネシアを除く西太平洋、ベンガル湾東部。サンゴ礁域にすむ。
生息環境 サンゴ礁域に生息する。とくに幼魚は枝状サンゴの合間の中に見られる。
食性 サンゴのポリプを食べる。
その他 観賞魚として人気が高いが、普段サンゴのポリプを食べるため飼育がやや難しい。ただし配合飼料に餌付くこともあるようだ。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません