シマハタタテダイ

Heniochus singularius Smith & Radcliffe, 1911

形態・特徴 背鰭は11棘もしくは12棘で、そのうちの第4棘が伸長する。体色は一様に茶褐色ではない。眼を通る黒色帯があるがそれは眼の直上からはじまり、眼と背鰭起部付近にまで大きな白色域がある。頭頂部に黒色点がある。背鰭と尾鰭は黄色で体側の黒色帯は背鰭に達しないか、達していてもごくわずかであるか薄い。オニハタタテダイは本種ににるが、眼を通る黒色帯が背鰭起部付近からはじまることで区別できる。体長20cmを超える。
分布 伊豆半島以南。西部太平洋。サンゴ礁域に生息する。
生息環境 岩礁域や内湾のサンゴ礁域で見られる。
食性 底生小動物を捕食するという。
その他 観賞魚。
食味レビュー 食味レビューを投稿する

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

孤高な漁師さんが日本 鹿児島県 薩南諸島で撮ったシマハタタテダイ

日本 鹿児島県 薩南諸島

2011.09.24

NOAHさんが日本 沖縄県 那覇市の鮮魚店で撮ったシマハタタテダイ

日本 沖縄県 那覇市の鮮魚店

2014.05.12

松嵜さんが日本 佐賀県 唐津市で撮ったシマハタタテダイ

日本 佐賀県 唐津市

2013.11.07

hanadaiさんがマレーシア シパダン島で撮ったシマハタタテダイ

マレーシア シパダン島

2006.06.22

hanadaiさんがインドネシア バリ島で撮ったシマハタタテダイ

インドネシア バリ島

2006.10.04