読み込み中 . . .
中止

ツノハタタテダイ

Heniochus varius (Cuvier, 1829)

形態・特徴 背鰭第4棘はわずかに伸長する。体色は全体的に茶褐色で、背鰭前方棘から鰓蓋までに達する細い白色横帯がある。背鰭軟条基部から尾柄部に達する白色斜帯がある。体長20cm。
分布 和歌山県以南。~ハワイ諸島を除く中部太平洋。サンゴ礁域に生息する。
生息環境 サンゴ礁域に生息する。
食性 サンゴのポリプのほか、甲殻類なども捕食する。
その他 観賞魚。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません