読み込み中 . . .
中止

ウミヒゴイ

Parupeneus chrysopleuron (Temminck and Schlegel, 1844)

形態・特徴 体色は赤っぽく、眼から後ろに1本の黄色・橙色・赤色の縦帯があることが特徴。腹部、頭部、尾部に青い斑紋が見られることも特徴。
分布 千葉県以南の太平洋岸、山口県以南日本海岸、九州西岸に普通に見られ、まれに青森県、琉球列島、小笠原諸島。~済州島、台湾、中国、オーストラリア
生息環境 やや深い岩礁域の周辺の砂底や砂泥底に生息する。幼魚は小規模な群れを形成することがある。
食性 主に多毛類や甲殻類などを食べる動物食性。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

ウミヒゴイ

日本 三重県 尾鷲市九鬼町

2014.05.20

ウミヒゴイ

日本 静岡県 駿河湾(沼津港の鮮魚店で購入)

2014.05.22

ウミヒゴイ

日本 和歌山県 串本町和深沖

1999.11.23

ウミヒゴイ

日本 千葉県 洲崎沖

2010.06.05

ウミヒゴイ

日本 愛媛県 愛南町

2017.01.20

ウミヒゴイ

日本 静岡県 賀茂郡西伊豆町宇久須 黄金崎公園ビーチ

2015.09.14

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する