サンドシラゴ

Sillago ciliata (Cuvier, 1829)

外国産 外国産

形態・特徴 体色は青みを帯びた灰色で、胸鰭基部に黒色斑があり、臀鰭と腹鰭が黄色っぽくなる。大型魚では頭部の前部が青っぽくなる。大型種で、最大51cm、体重1㎏を超えるといわれている。
分布 オーストラリア東部、タスマニア、ニューカレドニア。水深30m間での砂底に広くすむ、汽水域にも入り、若魚や、幼魚は、河川感潮域最上部まで侵入する。
生息環境 沿岸から河口域にすむ。冬はやや沖合いに移動する。
食性 ゴカイなどの多毛類や甲殻類などを捕食する。
その他 オーストラリアでは釣りの対象魚として人気がある種。また食用でも美味としている。故阿部宗明博士は「ブルーノーズギス」という和名をつけているが、「青鼻キス」とするとイメージが悪くすると述べ、あえて原産地での名をとりいれた、としている。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する

履歴

履歴はありません