ムネアカクチビ

Lethrinus xanthochilus Klunzinger, 1870

形態・特徴 背鰭棘中央部下の側線上方横列鱗数(TRac)は普通5。体高が低い。生鮮時、上唇が黄色、下唇は淡色。胸鰭も黄色っぽくその基部上半が赤い。ただし、これらは固定後、不明瞭となってしまう。体側の斑紋は変異がある。体長60cmを超える。
分布 沖縄県。~インド・西太平洋域。砂礫や岩礁域にすむ。
生息環境 サンゴ礁にすむ普通種で、ごく浅いリーフの中でも見ることができる。深い所では150mくらいまで生息するようだ。幼魚は海草場などで見られる。
食性 肉食性。小魚や甲殻類等を捕食する。
その他 釣り、刺網、などで漁獲される。琉球列島や、熱帯の島々では食用魚として利用されている。
食味レビュー 食味レビューを投稿する

履歴

履歴はありません