読み込み中 . . .
中止

アマミフエフキ

Lethrinus miniatus (Forster, 1801)

形態・特徴 フエフキダイ科の大型種で、体長は60cmに達する。胸鰭基部の内側には鱗が密生するが脱落しやすい。背鰭棘中央部下の側線上方横列鱗数(TRac)は5である。背鰭の第3棘が長いが、イトフエフキのように極端に伸びるわけではない。腹鰭は暗色。体側上半の各鱗に黒色斑があり、イソフエフキにも似るがイソフエフキは背鰭第3棘が長くなく、腹鰭は暗色にならない。
分布 小笠原、鹿児島県以南。北オーストラリア。水深100m以浅の砂礫や岩礁域にすむ。
その他 釣りなどで漁獲される食用魚。本州に充てられる学名は従来はLethrinus amamianus Akazaki,1962とされていたが、Carpenter and Allen(1989)によると、この学名ははLethrinus miniatus (Forster,1801)の新参同物異名である。分布は琉球列島とオーストラリアの北部で不連続である。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 沖縄県 慶良間沖

2007.01.17

日本 東京都 小笠原諸島 父島沖

2020.03.27

日本 東京都 小笠原村兄島東側

2011.09.06

日本 鹿児島県 喜界島沖(上嘉鉄沖)

2020.04.23

日本 鹿児島県 喜界島沖(湾方面)

2015.08.12

日本 沖縄県 那覇市の鮮魚店

2014.11.14

日本 東京都 小笠原諸島 父島沖

2020.03.27

日本 東京都 小笠原諸島 父島沖

2020.03.27

日本 東京都 小笠原諸島 父島沖

2020.03.27

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する