読み込み中 . . .
中止

アマクチビ

Lethrinus erythracanthus Valenciennes, 1830

形態・特徴 フエフキダイ科の魚の中では口がやや大きく、顎の後端は眼の前縁下にまで達する。胸鰭腋部は有鱗。体は黄褐色で背鰭棘に淡黄色の斑紋があり、背鰭軟条部と、ほかの各鰭は普通赤い。尾鰭の両葉先端は丸い、臀鰭最長軟条長は、軟条基底長よりも長い。体長60cmを超える大型種。
分布 沖縄県。~インド・西太平洋。水深100m以浅の砂礫・岩礁域にすむ。
生息環境 水深100m以浅の岩礁域や砂礫底、サンゴ礁域に生息する。
食性 魚類や甲殻類、軟体動物などを捕食する。
その他 食用魚で市場にもあがる。従来使われてきたLethrinus kallopterusは、L.erythracanthusの異名とされている。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません