読み込み中 . . .
中止

クロアナゴ

Conger jordani Kanazawa, 1958

形態・特徴 アナゴ科の魚はチンアナゴ亜科以外に分類される種では、上顎が下顎よりも突出するという特徴があり、ウナギ科魚類とはここで区別できる。本種はその名の通り体側面が黒っぽい。また、背鰭起部が胸鰭よりも後方にあること、胸鰭が15~16軟条であることなどで他種と区別することができる。また、アナゴ科魚類では最も大型になり、1.4mにも達することがある。
分布 主に茨城県以南の太平洋岸、京都府、兵庫県~長崎県までの日本海、琉球列島。~朝鮮半島、中国、澎湖諸島。
生息環境 岩礁域や転石帯、およびその周辺の砂底にすむ。潮通しの良いところに多い傾向がある。
食性 魚類などを食べる動物食性で、また死んだ魚なども食べる腐肉食性でもある。
その他 大型になるため、本種を専門に狙う遊漁船が存在するほどに釣りでの人気がある。しかしその反面、味は大味といわれ、マアナゴほどは歓迎されないことが多い。一方、仔魚はマアナゴの仔魚と混同して扱われ、珍味で有名な「のれそれ」として流通している。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

Mano_Yu さんが 学名を Conger jordani Kanazawa, 1958 に変更しました 学名の変更
2021.03.28 23:56