読み込み中 . . .
中止

ヨコシマタマガシラ

Scolopsis lineata Quoy and Gaimard, 1824

形態・特徴 背鰭は10棘9~10軟条、臀鰭は3棘8軟条。背部は褐色で2本の黄色もしくは白色縦帯を有する。また幅の広い淡色横帯をもつ。幼魚はフタスジタマガシラによく似た縦帯をもつ。また本種は前鰓蓋骨に鱗をもたない。体長20cmほど。
分布 琉球列島、小笠原諸島。~西太平洋、キーリング諸島。
生息環境 水深25m以浅のサンゴ礁域、岩礁域に見られる普通種。ペア、または小群をつくる。
食性 肉食性。小魚や底生小動物を捕食する。
その他 東南アジアでは食用魚として市場にも並ぶ。ヨコシマタマガシラ属は眼下骨に大きな棘をそなえる点などでタマガシラ属と区別される。世界で16種が知られ、日本からは8種が知られている。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません