読み込み中 . . .
中止

カメンタマガシラ

Scolopsis xenochrous Günther, 1872

形態・特徴 背鰭は10棘9軟条、臀鰭は3棘7軟条。フタスジタマガシラに似ているが、背鰭軟条部および臀鰭の前半が黒くない。鰓蓋の後方に黒く縁取られた青白い斜帯があり、それは側線まで達する。その後方に黒色斑が散在し、長い白色斑をもつ。生時、背鰭基部に青白い線がある。幼魚には黒く縁取られた青い縦帯が体側前半にあり、後半は黄色。体長17cm。
分布 高知県、沖縄島以南。台湾、インド-西太平洋、オーストラリア北西・北東岸。
生息環境 サンゴ礁域、岩礁域に生息する。水深50m以浅に生息する。単独または小さな群れで見られる。
食性 肉食性。主に甲殻類を捕食する。
その他 観賞魚として利用される。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません